Youtube再生回数について

私の運営しているYouTubeチャンネル

http://www.youtube.com/user/michirokawasaki/

 

述べ再生回数が600万回を突破しました。

2009年11月から運営開始、

動画本数 2187本

登録者数 3871人

(2014年1月24日 現在)

 

いちおうYouTubeをマーケティングで使うといっている手前

ある程度、自分のチェンネルで実績がないといけませんよね。

とはいっても

 

日本一のYoutuber 「HIKAKIN」さんは、

2011年に運営開始したYoutubeチャンネルで

 

再生回数 3億回

動画本数 949本

登録者数 1,014.921人

(2014年1月24日 現在)

http://www.youtube.com/user/HikakinTV

 

となりますので、比較になりませんけど・・・

 

YouTubeで稼ぐ、という方はやはりちがいますね。

 

さらに・・

 

今年のグラミー賞にノミネートされた Lordeさんのyoutubeは

1本の動画で1億6400万回再生されています。

http://www.youtube.com/watch?v=nlcIKh6sBtc

 

同じくRobin Thickeさんは 2億5842万回再生

http://www.youtube.com/watch?v=yyDUC1LUXSU

 

上には上がいます・・。

 

 

★もちろん再生回数が多いことはうれしいことですが、

 

再生回数が多いこと=売上が上がることではありません。

 

 

たとえ再生回数が100回でも、「的確なお客様に伝われば」

問合せ、来店に繋がります。

 

茅ヶ崎 相続税 税理士で検索するとトップになるこの動画

 

 

再生回数は270回ほどですが、問合せに繋がればまったく問題はないのです。

 

 

大事なことは「Youtube」という検索に強い媒体を使って

ニッチなキーワードで上位を狙いつつ、

 

あなたのサービスを動画で「わかりやすく伝える」

 

そして「問合せ」「来店」「ウェブサイト」へ導くことです。

 

 

★具体的な方法についてこちらの動画をご覧ください。

 

士業、コンサルタントの動画活用 ウェブセミナー

 

 

 

本日は以上です。

 

 

PS.だんだんと人気がでてきた「vine」。

使い方はこちらをご覧ください。

Vine使い方 http://www.dougamanual.com/blog/290/1759/index.html