動画のクオリティを求めるよりも大切なことは

クリスマスイブです。 冬至も過ぎてこれから冬本番といった感じですね。

自宅から茅ヶ崎の海まで散歩してみました。

 

もうIPhone片手でどこからでも写真、動画を配信しています。

 

動画はvineで配信 そのままツイッターとfacebookでシェアします。

毎日 膨大な情報が配信されるなか、ウェブマーケティングでは

 

見つけれる

記憶に残る

口コミしたくなる

コンテンツを配信し続けなければいけません。

 

プロの映像テクニック、プロのカメラマンになる必要もなければ

お金を出してプロにお願いしてコンテンツを作ことも必要ないのです。

 

ただし、記憶に残り、サイトへの誘導、商品購入につなげるには

動画シナリオや仕掛けは必要になります。

効果的な運用も必要。

時間をかけずに実践を行いつづけることが今後のソーシャルネットワークの

運用の肝になるのですね。

動画をUPしてSEO的に優位になるということ、これは動画活用の一つのメリットですが、今後も変わりゆくSEOに対して絶対的なことではありません。

Googleの検索順位に翻弄されずに 自社のサービスを認知してもらう。

そのためにも ソーシャルネットワークで情報を配信し続けることは
ますます必要になってくるでしょう。

 

その中で、他社に抜きんでて、多くの人に認知されるためにも
動画の活用は必須になります。

動画制作の最低限のノウハウ+ソーシャルメディアのスキル
それが、今後必要になってくるのです。

クリスマスに手作りキャンドルを2000本並べる 綾瀬市役所

 

素晴らしい きれいです! Blogはこちらですね
たまたま通りかかったのですが、あまりに綺麗だったので
撮影しました。

NPO法人 Voice主催による

「キャンドルナイト」が綾瀬市役所 南側広場で開催


2000本ものキャンドル 準備するだけでも大変な作業のはず
人工的なネオンとは違った暖かい光に包まれたイベントでした。


こんな素晴らしいイベント 人影もまばらでしたが・・
もっと人が集まってもいいのになぁ と個人的には思いました。

もっとソーシャルメディアをつかったら 
きっと地元の人がもっともっと集まったのに
もったいないなぁ