2014年も動画がいける?未来を予測できるデータ 

2013年 私の動画の中より
facebookでもっとも「シェア」されたコンテンツです。

「いいね」で100くらいは結構あると思いますが、

「シェア」で50を超えるのはかなりすごいのでは?

というコンテンツです。

 

やはり 青山華子さんはすごいです。
*ご本人の承諾を得て動画を作成しております。

ビデオレター 川﨑(かわさき)です。

 

12月18日 セミナーを開催いたしました。

 

*ご参加いただきありがとうございました!

今回も少人数ながら熱意のある方がお越しいただきました。

なんと このセミナーをメインに石川県からお越しいただいた

方もいらっしゃいました。(Tさん 感謝です!)

 

2014年も1月18日にセミナーを開催いたしますが、

「これから」動画やソーシャルを使って集客したい方向け

の実践を取り入れたセミナーを行う予定です。

 

これから動画を活用したいという方に向けた

もっと手軽に動画を使いたい。でもどうやったらいいの?

 

という方のためのセミナーを行います。(予定)

 

 

では本題へ↓

 

 

★来年を予測できるデータ

 

皆さまはこちらの資料をご存知ですか?

 

https://www.fast-ask.com/report/index.html

モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2013年11月度)

 

1100人 年齢 男女別の使用デバイス、ソーシャル活用の統計

データです。

 

ターゲットとしている年齢、性別で

どのようなチャネル、デバイスを

使っているのか?

 

閲覧者のパソコンのOSの統計

年代、性別のソーシャルの活用状況

 

かなりきめ細かなデータです。

 

たとえば 40~45歳の女性はツイッターとLINEとfacebook

どれを一番つかっているの?

 

とかYoutubeは年代別にどのくらいの割合で利用されているのか?

*結構驚くべき数字です。

 

統計はあくまで参考、とは思いますが、

今後のウェブ集客を考える意味でとても「深い」データです。

 

よかったらアクセスして入手してみてください

 

 

*メールアドレスなど個人情報を入力する必要がありますので

個人のご判断でダウンロードしてください。

 

 

さて

 

ウェブのコンテンツというものは、

動画に限らず様々なものがあります。

 

 

上記の統計データ PDFも「コンテンツ」です。

 

BlogやFacebookの写真やテキストも「コンテンツ」ですし、

音声 Podcastなどもあります。

 

 

私は動画配信や動画コンテンツをおススメしている立場ですが

 

動画が全てにおいて勝っているとは思いません。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

大切なのは

「お客様」が必要としている情報を作ること。

その情報(コンテンツ)をしっかりと伝えること。

 

です。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

お客様が何を知りたいのか? ということを考え

柔軟に「コンテンツ」の内容、配布方法を選択する。

 

 

ひとつのやり方にこだわらず、

お客様がよりアクセスしてくれる

 

お客さまが喜んでくれる

 

というようなコンテンツを考えていきましょう。

 

 

逆にいうと、これからのウェブ集客では

 

様々な配信方法を使い分ける能力が必要になります。

 

facebookを使うユーザー、検索からBlog、youtube

ツイッター などなど

 

それぞれの特性をある程度理解しながら

自分の情報を配信していくことが求められています。

 

中小企業、自営業の経営者の方 これから起業を目指す方

媒体や仕様はなんだってかまいませんので

 

自ら情報の発信源になるよう、

2014年も頑張ってまいりましょう。

 

私もがんばります。

 

今回は以上です。