いいコンテンツとはなんでしょうか

検索上位になるために、グーグルの検索エンジン担当者は 今後「コンテンツ」こそ重要と何度も何度も言っています。

 

被リンクやキーワードの数というような小手先のことではなく、

「いいコンテンツ」こそ検索で上位に来るべきとあります。

 

ではいいコンテンツとはなんでしょうか?

 

それは

役立つコンテンツであること。
ビジネスのコンテンツであれば、ユーザーに役立つコンテンツである必要が

あります。

1回見たユーザーが何度も足を運ぶサイト、

他の人に紹介したいと思うサイトはきっといいコンテンツがあるはず
ユーザーが欲しい情報を見やすく、分かりやすく書いてあるサイト


これが「いいコンテンツ」になるわけです。

結果的に、来訪者が増え、滞在時間も長くなり、いいコンテンツとなるのですが、

ビジネスでウェブサイトを運営するのであれば、
だれに役立つのか?ということをどれだけ絞り込んでコンテンツを作るか?

ということにつきます。

たとえばこの動画は、iPhone4Sを持ち、iOS7にアップデートする人、

をターゲットにしています。

あなたのお客様に対して役立つコンテンツを配信し続ける。

お客様を絞り込めば、コンテンツはいろいろ複数出てくるはずです。

もしかしたら、動画で見せる必要もないかも知れません。

その場合は画像とテキストだけでもいいのです。
必要なのは役立つ情報を配信すること、

 

ウェブサイトはユーザーが来るのを待つしかありませんので
宣伝やPRを繰り出して営業をかけても効果は薄いのです。

検索エンジンと作るグーグルの生命線は検索の精度

彼らにとって検索結果が役立たなければ存在価値がないのです。

*かつてyahooはそこでしっぱいしてしまいました。

”Googleは作ってあるコンテンツとユーザーを繋ぐ事を頑張ってる”

 

と言っています。

 

 

いいコンテンツ=役に立つコンテンツ

を作りましょう。