なぜYouTubeなのか? 簡単な理由

なぜYouTubeを使う必要があるのか? 
ウェブから集客する基本、商売の基本的な流れについて

考えてみます。

 

駅の売店の売り上げのピークはいつでしょうか? 

それは、通勤時間帯です。

 私の住む 茅ケ崎、茅ヶ崎駅でも 朝の通勤時は東京行電車はすごい混雑です。

ホームもごった返しています。 そして売店(kiosk)では長打の列、

とても忙しそうですね。 おそらく このもっとも人が集まる時間帯には売上も上がり

おススメした商品 朝の缶コーヒーや週刊誌、飴 などもすごく売れることでしょう。

 

人が多く集まる場所だから、売上が見込めるということが基本ですよね。

 

 

なぜYouTubeを使う必要があるのか? 
ウェブから集客する基本、商売の基本的な流れについて考えてみます。

 

駅の売店の売り上げのピークはいつでしょうか? 

それは、通勤時間帯です。

 私の住む 茅ケ崎、茅ヶ崎駅でも 朝の通勤時は東京行電車はすごい混雑です。

ホームもごった返しています。 そして売店(kiosk)では長打の列、

とても忙しそうですね。 おそらく このもっとも人が集まる時間帯には売上も上がり

おススメした商品 朝の缶コーヒーや週刊誌、飴 などもすごく売れることでしょう。

 

人が多く集まる場所だから、売上が見込めるということが基本です。

 

 

日本ではインターネットを利用する人が6000万人以上、今では、子供からお年寄りまでインターネットにつながっている環境があたりまえです。

だからこそ、あなたはウェブサイトを持ち、注文できる仕組みを立ち上げました。

もしインターネットがごく一部の人のためのツールであれば、そこにウェブページ(お店)を置こうとは思いません。

 

ですよね?

お客様が集まるところにお店を出す。facebookやブログをやるのも同じ理由です

インターネットも様々な人が閲覧しています。

そして、様々な嗜好や流行に応じて、人が集まる場所に変化が見られる訳です。

 

Blogで発信することが好まれる時代がありました。

アメブロに人気があり、いまだに多くの人がアクセスしています。

ブログという媒体は定期的に人が見に来る集客のツールです。

 

このところはFacebookが人気です。情報収集や、社会的な繋がりを求める人のために

有効なツールとして、多くの人が活用しています。

 

メールマガジンも集客のツール、これもメールを見るという文化が定着したため

多くの人に好まれるメディアとして活用されています。

 

対象となるお客様が利用しているメディアにお店を作り(ウェブページやアカウントを作るということです。)情報を発信して、多くの見込み客に知ってもらうこと、ウェブサイトに誘導することが、マーケティングの基本だと私は考えています。

 

人が集まり、活用される場にお店を立てるという発想が基本ですので、

逆をいうと 、対象となるお客のアクセスや流入が少ないと感じるメディアは

活動するメリットがないので放置、もしくは退会しています。

あなたはどうでしょうか?

 

では、なぜYouTubeなのか?

それは、YouTubeのアクセスが非常に伸びているからに他なりません。

 

単に動画を楽しむだけであれば、ニコ○動画やvim○oなどの動画サイトでもいいのです。

 

YouTubeという世界で第2位の検索エンジンとポータルサイトに出店(チャンネルを持ち、動画を公開)することで、あなたのサイト、商品の認知を広げることができるのです。

 

もしやらなければ、YouTubeからの見込み客が他の会社に流れるという大きな機会損失が出る可能性もあります。・・・ 

YouTubeを使うためには動画を作るノウハウが必要

 

YouTubeが必須なのは理解した。ではどんな動画を載せたらいいのか?

動画はどうやって作るのだろう・・・

 

 

ここが今後の大きな課題になると思います。

 

この動画作成方法については様々な方法がありますが、

 

継続的に、コストを掛けず(人、お金、時間)効果のある動画作成方法を

お伝えするのが私たちのサービスの基本なんです。

動画コンテンツは他のウェブサービスでも流用することができます。

 

動画へのリンクを貼ることで

ブログ、メルマガ、Facebookでの「ネタ」にも使えます。

 

そして評判の立つ動画コンテンツは、長期にわたり支持をうけ、
あなたの営業マンとして

多くの見込み客をウェブサイトに誘導してくれるでしょう。

 

初めから動画をうまく使いこなすのは難しいと思いますが、

安直に外注することなく、まずは自分で動画作成を実践して見ることをお勧めします。

 

動画作成トレーニングはこちら

 

動画作成セミナーも開催します